FC2ブログ

身体は人生そのもの




今、新幹線の中です。朝のストレッチ教室終わってから、半年前から予約していた、尊敬するドイツの振付家、故ピナ・バウシュのヴッパタール舞踊団公演「私と踊って」を観るために東京に行ってきました。
よかった!

なかなか理解し合えない男女間の葛藤の様々な形を、身体をめいっぱい使って時にユーモラスに、リアルなエネルギーで表現してました。言語に頼らないダンスの無限の可能性を感じます。

ピナ・バウシュは、新しい舞踊表現の世界「タンツテアター」を生み出しました。
現代社会で人々が生きて行くために行動すること、男女間の葛藤など人の営みの基本に関心を持ち、誰にでも理解でき、心の奥底にひびく形で表現しようとしました。それがタンツテアターです。

「舞踊こそ唯一真実の言語。どうしても伝えたいことをことばにたよらないで」

「ダンスで文学や美学で表現しきれない感情がすべて表現できる」

など数々のことばを残しました。

私はピナの在り方にとても共感します。

私がストレッチが大切だと思う理由は、身体をほぐしたりのばしたりして健康によいということだけでなく、自分の身体や動きを再確認すること、自分の人生を確認することであり、また生まれなおすことができる時間だからです。

自分の人生をすべて知るのは自分の身体だけ。
みんな自分だけのダンスを踊ってるんやね。

だから「私と踊って」!

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

なんか、じ~んときた・・・。

とってもステキな時間を過ごせたのやね。にじみ出てる。

このごろ管理人さんのストレッチ教室に通うようになって、

みんなの身体に限りなくやさしい目線を注ぐ先生の指導ぶりに

人知れず感銘を覚えておりました。

自分自身の身体を知って生れなおす・・・その通り。

1日おきなのにストレッチを始めてから身体が軽くなってきた!

もっともっと勉強してたくさんの人たちを支えてね。

ドイツでいっぱいいっぱい吸収してくるんだろうなあ。

弾丸ツアーですね!

以前朝日新聞にも記事がありましたね。
私はお名前だけしか知らなくて...。
でも、まさに「からだでしゃべろ」ですね。
読んでいて、うちの子供がもっともっと小さかった頃、
音楽がかかっているといつでもどこでも踊り出していたのを
思い出しました。
あれは「楽しい!」という気持ちを言葉以上に伝えようとしていたのかもしれません。

それから、今日は急にお借りしてありがとうございました。
お姉さん方もすごく喜んでおられました。
「またよろしくお願いします!!」とのことです。

No title

ほんとうに仰る通りだと思います。

昔の人は字を書いたり読んだり出来る人が少なかったから、文字で表現できる人は特権階級に限られていたし、語彙も少なかっただろうから色々な事を上手に言葉では表現できなかったと思います(少なくともヨーロッパでは。日本はどうでしたっけ???)

だから体で表現するってほんとうに人間の基本の基本だと思います。
例えば音や絵で表現するのにもある程度の技術が必要ですもんね。
その点、誰にでも出来て、そして、誰にでも伝わる表現手段って身体表現なんだろうなぁって思います。

>自分の人生をすべて知るのは自分の身体だけ。

うーん、なんだか深いお言葉ですねぇv-398

Re: なんか、じ~んときた・・・。

うれしいこと言ってくれはりますねえ、、、感激。(涙)

私はどうも、解釈するとか解読する作業が好きみたいで。
村上春樹の小説を読んで、行間にみえる登場人物の人生に思いを馳せるのと、
教室でみなさんとお話しながら身体と動きをみてどんな人生送ってきはったんかなあと想像するときと、さほど変わらない感覚のようです。
小説はフィクションだけど、教室の場合は実際にみなさまのこれからの快適な身体づくりに関わっていけるので、すごい充実感があります。
もっと勉強して、お役にたてるようにがんばります!

> とってもステキな時間を過ごせたのやね。にじみ出てる。
>
> このごろ管理人さんのストレッチ教室に通うようになって、
>
> みんなの身体に限りなくやさしい目線を注ぐ先生の指導ぶりに
>
> 人知れず感銘を覚えておりました。
>
> 自分自身の身体を知って生れなおす・・・その通り。
>
> 1日おきなのにストレッチを始めてから身体が軽くなってきた!
>
> もっともっと勉強してたくさんの人たちを支えてね。
>
> ドイツでいっぱいいっぱい吸収してくるんだろうなあ。

Re: 弾丸ツアーですね!

昨日はありがとうございました!
踊り仲間には格段に優しくさせていただきます(笑)
ヨーロッパ、特に北欧のほうでは学校の授業に当たり前に身体表現が入ってるんですよね。
それだけ身体の表現力が人間力になると確信してるからなんでしょうね。
akkyonは生まれ持ったものに加えて、またさらにたくさんの身体の言葉を蓄えていますよね。
どんな大人になるのか、とっても楽しみです。


> 以前朝日新聞にも記事がありましたね。
> 私はお名前だけしか知らなくて...。
> でも、まさに「からだでしゃべろ」ですね。
> 読んでいて、うちの子供がもっともっと小さかった頃、
> 音楽がかかっているといつでもどこでも踊り出していたのを
> 思い出しました。
> あれは「楽しい!」という気持ちを言葉以上に伝えようとしていたのかもしれません。
>
> それから、今日は急にお借りしてありがとうございました。
> お姉さん方もすごく喜んでおられました。
> 「またよろしくお願いします!!」とのことです。

Re: No title

日本でも、誰もが当たり前に読み書きできるようになったのは最近のことやと思います。
女性は特にね。
昔は、いまよりずっと少ない語彙で、どんな会話をしてたんだろうね。
否応なく、体型やものごしで人物を判断されただろうね。
だから、行儀よくしなさいと厳しくしつけられたんだろうなあ。

身体は、そこにあるだけで、その人がどんな人であるか、周囲にメッセージを発してる。
目は鋭いかぼんやりしてるか、太ってるかやせてるか、おしゃれかそうでないか、背中、脚の筋肉のつきかた、、、知らず知らずに、会うだけでその人を感じ取ってる。

いつも一番快適にいられる自分のからだでいること、体調を管理できる確信が、
ゆるぎない自信になると思います。
快適なからだを探して、毎日いたわってあげたいね!



> ほんとうに仰る通りだと思います。
>
> 昔の人は字を書いたり読んだり出来る人が少なかったから、文字で表現できる人は特権階級に限られていたし、語彙も少なかっただろうから色々な事を上手に言葉では表現できなかったと思います(少なくともヨーロッパでは。日本はどうでしたっけ???)
>
> だから体で表現するってほんとうに人間の基本の基本だと思います。
> 例えば音や絵で表現するのにもある程度の技術が必要ですもんね。
> その点、誰にでも出来て、そして、誰にでも伝わる表現手段って身体表現なんだろうなぁって思います。
>
> >自分の人生をすべて知るのは自分の身体だけ。
>
> うーん、なんだか深いお言葉ですねぇv-398
プロフィール

管理人ふするん

Author:管理人ふするん
スタジオ「わのわ」管理人、わのわカフェ店長のふするんです。身体表現活動家でもあります。よろしくね♪ 

最新記事
最新コメント
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - -
- 1 2 3 4 56
7 8 9 10 11 1213
14 15 16 17 18 1920
21 22 23 24 25 2627
28 29 30 31 - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR