FC2ブログ

いいてんき

はい、おはようございます!
みなさまいかがおすごしですか?!
春のような陽光がここちよい朝でございます。

こんな日には、お釈迦様が蓮の花の池のほとりを歩いておられるかな、、、
こんな感じではじまるお話がありました。
芥川龍之介さんの「蜘蛛の糸」というお話ですね。
地獄の底で暮らしていた犯罪者のカンダタが、
生前にちいさな蜘蛛を助けたことのおかげで
天国のお釈迦様から細い一本の糸を垂らしてもらって救われるはずが、
後から大勢の犯罪者が一緒にあがってきた。
この糸は自分のものだ、他の者達よ下りろ!と思った瞬間に糸が切れて、
再び地獄に落ちたというおはなし。

日頃、つい、自分だけがよければ、という思いにとらわれてしまいます。
でも自分の中で自分の存在が大きくなればなるほど救われなくなるという現象が起きますよね、、、

カンダタは、さあ、みんなで一緒に天国へあがろう!って思えたら救われたのかな、、、
その場合、ラッキーだった他の罪人達は天国でどう暮らすだろう?
天国へ来たら、罪をおかす気がなくなるのだろうか?
もしくは、ふたたび罪をおかして落とされて、地獄で糸を待つだろうか。


、、、この陽光をみて、なぜかこんな話思い出してしまいました。

蜘蛛の糸


では今日もよい一日を!



関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 今日のつぶやき
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

簡単じゃないよね、救済って。

お釈迦様のなさったことは、もっとも残酷な試練でした。
どうしたらカンダタは救われたというのでしょう?

蓮の花のよい香りが辺り一面に漂う午後のことでした。
エンディングもこわすぎる・・・・。

地獄に行かんようにいたしましょう。

幼い記憶

幼い頃、歌で習いました。

♪ 天国よいとこ一度はおいで
♪ 酒はうまいし
♪ ねえちゃんはきれいだ

しかし、ヨッパライは酒を飲み続け、天国を追い出されました。
でも、地獄に行ったのではなく、ヨッパライは生きかえったんですね。
記憶に残る歌、インパクトのある歌でした(笑)。

天上にはお釈迦様
地上に暖かなお陽様と・・・清らかな蓮の花

地獄にはうごめく人間達・・・これぞ魑魅魍魎・・・
人間の心の奥深くに必ず隠されている部分。

私がお釈迦様で救うという気持ちがあるのなら
太くねじった麻の糸を地上にたらしたかもしれない・・・
・・・むごい試され方です。(だから面白い)
しかし地獄ででも生きていけることを知りました・・・
南無阿弥陀仏・・・

Re: 簡単じゃないよね、救済って。

これ、結局、性悪説肯定ってことかな、、、、
犯罪者の再犯率の高さが社会問題になっていますが、
これは生い立ちや刑務所を出たあとの生きづらさなど、
環境のせいだと私は信じているのですが、、、



> お釈迦様のなさったことは、もっとも残酷な試練でした。
> どうしたらカンダタは救われたというのでしょう?
>
> 蓮の花のよい香りが辺り一面に漂う午後のことでした。
> エンディングもこわすぎる・・・・。
>
> 地獄に行かんようにいたしましょう。

Re: 幼い記憶

NANDAさん、その歌、おもろいねえ!!!
どこで習ったん?(笑)
ヨッパライにとって、地獄におちるより、生き返るほうが修行なんやね。
天国と違って、酒、買わなあかんしね。



> 幼い頃、歌で習いました。
>
> ♪ 天国よいとこ一度はおいで
> ♪ 酒はうまいし
> ♪ ねえちゃんはきれいだ
>
> しかし、ヨッパライは酒を飲み続け、天国を追い出されました。
> でも、地獄に行ったのではなく、ヨッパライは生きかえったんですね。
> 記憶に残る歌、インパクトのある歌でした(笑)。

Re: 欲

そうか、そうですよね!
地獄でもみんな生きてる!!!
しかも、釜で煮込まれてもまだ欲が残ってる。
これってすごい。

、、、お釈迦様は一体何者なんだ?


> 天上にはお釈迦様
> 地上に暖かなお陽様と・・・清らかな蓮の花
>
> 地獄にはうごめく人間達・・・これぞ魑魅魍魎・・・
> 人間の心の奥深くに必ず隠されている部分。
>
> 私がお釈迦様で救うという気持ちがあるのなら
> 太くねじった麻の糸を地上にたらしたかもしれない・・・
> ・・・むごい試され方です。(だから面白い)
> しかし地獄ででも生きていけることを知りました・・・
> 南無阿弥陀仏・・・

帰ってきた酔っ払いだったかなあ

天国と地獄は背中合わせ?」
www~わははは未奈子先生、NANDA様お若い。

この歌は、「はしだのりひことクールセダーズ」
(と、言う私もアーティスト名と歌詞がおぼろげ・・・)
1960年代の中頃~だったでしょうか
その年の忘年会帰りの私の妹がお土産で
持って帰ってきたのがこの歌。「初物」だったので
大歓迎で盛り上がった我が家。
♪長い階段をのぼっていっただ~~
天国良いとこ一度はおいで~

後はNANDAさんの♪酒は上手いしね~ちゃんは
きれいし~と続くのでありました~~^はははは
★。、:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。、:*:。.:*:・'゜
☆。.:*:・'゜★。、:*:。.:*:・'゜

あらら、

ふするんさんもしなもんさんも、意外と知らないんだ(笑)。
ザ・フォーク・クルセダーズの「帰って来たヨッパライ」という歌です。
1967年に大ヒットしたコミックソングで、幼児の私も知らずに覚えました。

歌→http://www.youtube.com/watch?v=6-O24msoOac

歌詞→http://www.youtube.com/watch?v=6-O24msoOac

メンバーは、北山修、加藤和彦、端田宣彦の3人です。
北山修と加藤和彦は「あの素晴しい愛をもう一度」の作詞作曲コンビです。

↑ の訂正

歌詞→ttp://music.yahoo.co.jp/lyrics/dtl/KAA004052/AAA038714/

です。
この歌の正しい情報を知ったのは、高校生になってからでしたが(笑)。

↑ の訂正の訂正

Re: 帰ってきた酔っ払いだったかなあ

そうだったのかーーーー妹さんのお土産ですか(笑)
勉強になりました!!
「河内のオッサンの歌」っていうのもありますよね?
「なんやわれ~ なめとんかわれ~」みたいな歌詞の(笑) 
あれ大好きなんですよ!!



> 天国と地獄は背中合わせ?」
> www~わははは未奈子先生、NANDA様お若い。
>
> この歌は、「はしだのりひことクールセダーズ」
> (と、言う私もアーティスト名と歌詞がおぼろげ・・・)
> 1960年代の中頃~だったでしょうか
> その年の忘年会帰りの私の妹がお土産で
> 持って帰ってきたのがこの歌。「初物」だったので
> 大歓迎で盛り上がった我が家。
> ♪長い階段をのぼっていっただ~~
> 天国良いとこ一度はおいで~
>
> 後はNANDAさんの♪酒は上手いしね~ちゃんは
> きれいし~と続くのでありました~~^はははは
> ★。、:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。、:*:。.:*:・'゜
> ☆。.:*:・'゜★。、:*:。.:*:・'゜

Re: あらら、

加藤さんと言えば、、、今年残念なことのひとつでしたよね。



> ふするんさんもしなもんさんも、意外と知らないんだ(笑)。
> ザ・フォーク・クルセダーズの「帰って来たヨッパライ」という歌です。
> 1967年に大ヒットしたコミックソングで、幼児の私も知らずに覚えました。
>
> 歌→http://www.youtube.com/watch?v=6-O24msoOac
>
> 歌詞→http://www.youtube.com/watch?v=6-O24msoOac
>
> メンバーは、北山修、加藤和彦、端田宣彦の3人です。
> 北山修と加藤和彦は「あの素晴しい愛をもう一度」の作詞作曲コンビです。

Re: ↑ の訂正

ご丁寧にどうもです!!!


> 歌詞→ttp://music.yahoo.co.jp/lyrics/dtl/KAA004052/AAA038714/
>
> です。
> この歌の正しい情報を知ったのは、高校生になってからでしたが(笑)。

Re: ↑ の訂正の訂正

あ!NANDAさん困ってる!あれ?どうしてNANDA?


> あれ、歌詞がリンクできないなあ。
>
> 歌詞→http://music.yahoo.co.jp/lyrics/dtl/KAA004052/AAA038714/
> http://www.fukuchan.ac/music/j-folk1/yopparai.html

おらは間違えてしまっただ~

思慮深いNANDAさま
お恥ずかしい限りです
思いつきやひらめきだけでの発言発信
深く反省しております。
あっと思ったらすぐ手を上げてしまう悪い癖!

そして未奈子先生、ごめんなさい。


Re: おらは間違えてしまっただ~

なんで反省してはるんですか?!!!
もっと知りたい知りたい!!教えて!!!!


> 思慮深いNANDAさま
> お恥ずかしい限りです
> 思いつきやひらめきだけでの発言発信
> 深く反省しております。
> あっと思ったらすぐ手を上げてしまう悪い癖!
>
> そして未奈子先生、ごめんなさい。

プロフィール

管理人ふするん

Author:管理人ふするん
スタジオ「わのわ」管理人、わのわカフェ店長のふするんです。身体表現活動家でもあります。よろしくね♪ 

最新記事
最新コメント
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 30 31 -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR