FC2ブログ

旅立ったおばあちゃんへ

魂が抜けたおばあちゃんの身体は、22日の夕方に阪大病院へ旅立っていきました。

おばあちゃんが脳卒中で夫を亡くした後、献体の「白菊会」に入ったのは30年前のことです。
いつも誰かの役に立ちたいと願っていたおばあちゃんでした。
元気なときはいつも専用ゴミばさみを持って外でゴミ拾いをしてました。

一ヶ月ほど前から外へ出にくくなり、
「もうあんたらのとこで掃除やら手伝いやらしてやられへんな。役立たずになってしもた」
といって寂しそうにしていました。
でも、こんなにしんどいのにみんなのこと思ってやさしさをふりまいてくれるおばあちゃんがいるだけで
みんなどんなに励まされてるかわからへんよ、と言うと
「このしんどさと闘う事が私の課題なんやな。全部ひきうけてがんばるわ。」
といって、前向きな姿をみせてくれました。

世話になるのをガンコにこばむおばあちゃんでしたから、
それに甘えて一方的に愛情をもらうばかりで、なんにもしてあげられませんでした。
今頃、おじいちゃんに甘えておんぶしてもらいながら、いろんな積もる話をしているかなあ。
やっぱり誇れる2人の娘の話をしているのだと思います。

生きて行くのは楽しいことも沢山あるけど辛いこともいっぱいある、
そんな現実を教えてくれたのもおばあちゃんでした。

楽しいときもその終わりが来ることを想像して寂しくなり、
幸せなときもいつかこの幸せが終わってしまう、と思って悲しくなる、
いつもそんな先の心配をしてしまうおばあちゃんでした。

子どもの時からいっぱい苦労したんだね。
安心したかったけど、周りでいろんなことが起きすぎて、
何度も安心が壊されてしまったんだろうね。
心の底から安心できなくなってしまったんだろうね。
名前を清子から希余子に変えたのも、不安を希望に変えたかったからなんだろうね。

でももう心配しなくてもいいんだ。

身体も時間も空間もとびこえて、「いま」の幸せのなかにどっぷりと安心していてほしい。
誰の役に立とうとしなくてもいい、すべての役割から解放されて、抱かれている実感を味わってほしい。
もう壊されることのない永遠の安心の中に、すべてをゆだねて、たゆたっていてほしい。
そんな風に思います。

おばあちゃんの1000体彫った木のお地蔵さん、ひとつもらいました。
寝顔が、お地蔵さんとおんなじ顔になってたね。
最後まで短歌をつくってたおばあちゃん。
何度も入選して、かっこよかったね。
私たちのために自分の人生を捧げてくれて、ありがとう。
自分の身をさておいて私たちを守ってくれてありがとう。
さよなら、おばあちゃん。
もう安心してね。


 子に尽くすのみなりし生終うる日を
 沈む夕陽よ燦と輝け

希余子


みなさま、やさしいお悔やみの言葉、ありがとうございました!!!!
I love you all!!!!!

IMG_7778.jpg

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 今日のつぶやき
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

慈悲深き

穏やかで温もりのあるお顔ですね。(合掌)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ありがとう・・・

亡くなる前日、母が私にはっきりと言いました。

「あんたら娘のおかげで私は楽しませてもろたわ」
「2人が仲がようて嬉しいで~。ありがとね。」
「延命措置してなくてよかった。幸せや。」
「ありがとうありがとう。さよ~なら。」

ふするん管理人さんのおかげで、
昨日のお見送りの時よりも泣いてしもたがな。

ありがとう。

人は、

誕生のときには希望や可能性を親や他の人々に与え、祝福を受けます。
しかし、死のときには、その人自身の生きてきた足跡が評価されます。
死は、誕生以上に深い意味を持ちます。

悲しみから学ぶことは多く、そして貴重です。
ふするんさん、おばあさまの死に際し、
すばらしい1人の女性の生き方を教えてくださり、ありがとうございます。
私は面識もありませんが、希余子さんという女性の生き方の僅かな部分を知りました。
その血がふするんさんにまで受け継がれていることを知りました。

ありがとうございます。
プロフィール

管理人ふするん

Author:管理人ふするん
スタジオ「わのわ」管理人、わのわカフェ店長のふするんです。身体表現活動家でもあります。よろしくね♪ 

最新記事
最新コメント
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - -
- 1 2 3 4 56
7 8 9 10 11 1213
14 15 16 17 18 1920
21 22 23 24 25 2627
28 29 30 31 - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR