FC2ブログ

なんかよさそうだよこのカフェ

なんか素敵!いってみなきゃ!!
こういうお店だいすき。

(あべの経済新聞より)

地下鉄・昭和町駅近くの庚申街道沿いに10月1日、カフェ「自家焙煎コーヒーのお店 うさぎとぼく」(大阪市阿倍野区阪南町3、TEL 06-7502-2155 )がオープンする。

 店舗面積は約25坪で、席数は20席。築70年以上の長屋の一室を改装。解体時には昭和30年代の新聞や前々はクリーニング店だったので洗濯板などが出てきたという。奥の庭だったスペースはトタン屋根のままなど、所々に以前からの物を残した内装に仕上げている。


1317350458_photo.jpg



 店主の上口さん夫婦は、障害者施設で働いていた。退職してから約10カ月間の準備期間を経て開店にこぎ着けた。開店までの活動はブログで公開している。

 メニューは、「ブレンドコーヒー」(380円)、「カプチーノ」(400円)、「ストレートコーヒー」(450円~)、11時から提供する「カレーセット」(850円)や「トーストセット」(430円)、「ホットドッグセット」(480円)などのモーニングセットも用意。障害者が作った焼き菓子も販売する。

 コーヒーは全て、店内に設けられた焙煎(ばいせん)機で自家焙煎する。「エチオピア イルガチェフェ」「イエメン モカマタリ」「ブルーマウンテン」などの生豆20種類をそろえ販売も行う。

 営業時間は7時~18時(オープン日は11時~)。火曜・水曜定休。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 今日のつぶやき
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

なつかしの昭和!のマチ!!


僕は、地下鉄昭和町駅近くの長屋で生まれました。保育園(子供の一番多い昭和の年に生まれたので、幼稚園が一杯で入れませんでした)までその長屋で暮らしました。あの辺りは、すっかり変わったと思っていたのですが、築70年の長屋がまだ残っていたんですね。すぐ近くには文の里東映(松竹だったかな?)があって、映画大好きの母親に連れられて封切りのたびに行きました。確か、『君の名は』を観たのはこの映画館だったから、東映ではなくて松竹やな。僕の家の隣は牛乳屋さんで、家族で銭湯に行った帰りには、必ずそこで牛乳を飲みました。牛乳屋さんの向かいは、同じ年のマサちゃんの家で、マサちゃんには妹がいて、お医者さんごっこなんかして……、アレ、アレ、話が違う方向に…。久しぶりに行ってみよう。〈ぼく〉は、カメで、〈うさぎ〉は、奥さんなのかな?

あべの経済新聞ってのがあるんですね。知りませんでした。


そうそう、新聞というと、昨日偶然見つけたのですが、9・23の朝日新聞の朝刊によると、

(1997年、世界文化遺産に登録されたブッタ生誕の地ルンビニは、ユネスコの規制に従って殆ど開発の手が入っていないが)中国系のNGO団体、アジア太平洋交流協力基金会(APELF)が、ネパ-ルのブッタ生誕の地ルンビニをイスラム教のメッカやキリスト教のバチカンに匹敵する聖地にする為に、大規模な観光インフラ整備の計画を提唱。水道、電気等インフラ整備の他、複数の高級ホテルや商業モ-ル、仏教系大学の建設、さらに国際空港や、中国チベット自治区からカトマンズを経由しルンビニ迄鉄道をのばすそう。現在、ルンビニへの巡礼客は、年間50万人程だが、全世界の仏教徒の1%(年間)500万人超がルンビニ巡礼すれば投資価値ありとのこと。

ネパ-ルでは、08に王制が廃止された後、政党間の対立が激化し、新憲法の制定作業が進まないまま、3人の首相が相次ぎ辞任する政治混乱が続いている。歴史的に同国を影響下に置いてきたインドに対し、中国が経済援助をテコに存在感を強め、それぞれ関係の深い政治勢力を推す「代理戦争」の構図が混乱に拍車をかけているそうだ。

APELFの共同代表には、議会第一党ネパ-ル共産党毛沢東主義派党首のグハル元首相が名を連ね、計画推進の旗降りをしているとのこと。(現首相も毛沢東主義派である)

ネパ-ル政府は、近年、チベット難民に対する締め付けを強化。ダライ・ラマ14世は、1980年代を最期にルンビニ訪問を許されていないそう。

APELFの肖副主席は、「私達は、NGOであり中国政府とは直接関係はない。」と述べているが、駐ネパ-ル中国大使が地元(ルンビニ)選出の政治家にこの開発計画を働きかけたと報じられるなど、中国政府系のプロジェクトとの見方がもっぱらとのこと。

こんなカフェこそ

がんばってもらえるよう、精一杯応援したいね!

今度行ってみよ!

昭和町って面白いところやね。

焙煎機

昭和の映画のセットのような雰囲気の
家みたいですね。

ちょっと入ってみない?
トントン|扉|“o(・д・。)
「ごめん下さ~い」

ご注文は?
名前に惹かれて
「私、エチオピア イルガチェフエ か
イエメン モカマタリン」
「そして焼き菓子も下さい」

濃いコーヒーが大好きなんですが・・・

Re: なつかしの昭和!のマチ!!

昭和町にお生まれでしたか!いいとこですねえ
今でも長屋の情緒が感じられます。
うさぎとぼく、行って来られたら、感想きかせてくださいね。

そうですか~そんな計画がルンビニにあるんだ。
聖地化のためにまずは整地!
ルンビニがメッカに匹敵する聖地になっても、ブッダはちっとも喜ばないと思いますが、、、
ルンビニへの巡礼者は年間50万人ほど、、、
ちなみに大阪のUSJには年間800万人くらいの人が来るそうです。
人を集める方法は、テーマパークに学ぶか、、、、、


> 僕は、地下鉄昭和町駅近くの長屋で生まれました。保育園(子供の一番多い昭和の年に生まれたので、幼稚園が一杯で入れませんでした)までその長屋で暮らしました。あの辺りは、すっかり変わったと思っていたのですが、築70年の長屋がまだ残っていたんですね。すぐ近くには文の里東映(松竹だったかな?)があって、映画大好きの母親に連れられて封切りのたびに行きました。確か、『君の名は』を観たのはこの映画館だったから、東映ではなくて松竹やな。僕の家の隣は牛乳屋さんで、家族で銭湯に行った帰りには、必ずそこで牛乳を飲みました。牛乳屋さんの向かいは、同じ年のマサちゃんの家で、マサちゃんには妹がいて、お医者さんごっこなんかして……、アレ、アレ、話が違う方向に…。久しぶりに行ってみよう。〈ぼく〉は、カメで、〈うさぎ〉は、奥さんなのかな?
>
> あべの経済新聞ってのがあるんですね。知りませんでした。
>
>
> そうそう、新聞というと、昨日偶然見つけたのですが、9・23の朝日新聞の朝刊によると、
>
> (1997年、世界文化遺産に登録されたブッタ生誕の地ルンビニは、ユネスコの規制に従って殆ど開発の手が入っていないが)中国系のNGO団体、アジア太平洋交流協力基金会(APELF)が、ネパ-ルのブッタ生誕の地ルンビニをイスラム教のメッカやキリスト教のバチカンに匹敵する聖地にする為に、大規模な観光インフラ整備の計画を提唱。水道、電気等インフラ整備の他、複数の高級ホテルや商業モ-ル、仏教系大学の建設、さらに国際空港や、中国チベット自治区からカトマンズを経由しルンビニ迄鉄道をのばすそう。現在、ルンビニへの巡礼客は、年間50万人程だが、全世界の仏教徒の1%(年間)500万人超がルンビニ巡礼すれば投資価値ありとのこと。
>
> ネパ-ルでは、08に王制が廃止された後、政党間の対立が激化し、新憲法の制定作業が進まないまま、3人の首相が相次ぎ辞任する政治混乱が続いている。歴史的に同国を影響下に置いてきたインドに対し、中国が経済援助をテコに存在感を強め、それぞれ関係の深い政治勢力を推す「代理戦争」の構図が混乱に拍車をかけているそうだ。
>
> APELFの共同代表には、議会第一党ネパ-ル共産党毛沢東主義派党首のグハル元首相が名を連ね、計画推進の旗降りをしているとのこと。(現首相も毛沢東主義派である)
>
> ネパ-ル政府は、近年、チベット難民に対する締め付けを強化。ダライ・ラマ14世は、1980年代を最期にルンビニ訪問を許されていないそう。
>
> APELFの肖副主席は、「私達は、NGOであり中国政府とは直接関係はない。」と述べているが、駐ネパ-ル中国大使が地元(ルンビニ)選出の政治家にこの開発計画を働きかけたと報じられるなど、中国政府系のプロジェクトとの見方がもっぱらとのこと。

Re: こんなカフェこそ

おいしい蕎麦屋があるから、今度一緒にいこうよ!


> がんばってもらえるよう、精一杯応援したいね!
>
> 今度行ってみよ!
>
> 昭和町って面白いところやね。

Re: 焙煎機

入って来たのは、毛並みのすらりとした一匹の猫でした。
きちんと両の後ろ足で立って、片手に何語で書かれているのやら、本までかかえています。
いかにも神経質そうに急いで、でもすっかり安心したような風情でたっぷりと見渡して
一番奥のテーブルにつきました。


> 昭和の映画のセットのような雰囲気の
> 家みたいですね。
>
> ちょっと入ってみない?
> トントン|扉|“o(・д・。)
> 「ごめん下さ~い」
>
> ご注文は?
> 名前に惹かれて
> 「私、エチオピア イルガチェフエ か
> イエメン モカマタリン」
> 「そして焼き菓子も下さい」
>
> 濃いコーヒーが大好きなんですが・・・

こちらのブログのご紹介で…

おひとりご来店いただきました。
ありがとうございます。

今後ともよろしくお願いします。

Re: こちらのブログのご紹介で…

ご丁寧にありがとうございます!
とてもよいお店みたいですね!
夢を実現されておめでとうございます。
私もまた息子とおじゃましますね!


> おひとりご来店いただきました。
> ありがとうございます。
>
> 今後ともよろしくお願いします。
プロフィール

管理人ふするん

Author:管理人ふするん
スタジオ「わのわ」管理人、わのわカフェ店長のふするんです。身体表現活動家でもあります。よろしくね♪ 

最新記事
最新コメント
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - -
- 1 2 3 4 56
7 8 9 10 11 1213
14 15 16 17 18 1920
21 22 23 24 25 2627
28 29 30 31 - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR