FC2ブログ

ネパールからどっさり雑貨が届いたよ

ネパールからどかっと荷物が届きました!
ネパールのりゅうじくん、ありがとう!

というわけで、いまなら品物が豊富です。
いまのうちにお好きなものをじっくり選んでお買い求めくださいね。
やっぱ、いつみてもネパールのハンディクラフトは可愛い、、、
革とコットンのカバンも相当かわいい。
はっきりいって、どれも欲しいです。
これも欲しい、それも欲しい、、、と思いながら、愛しい我が子を嫁に出す気持ちで販売しております。
今回はクリスマス飾り、クリスマスカードも入れてもらってます。
ゾウの飾りもかわいい!!
ほかにもまだまだ色々あります!!!!

あと、肝心要のネパールのオーガニック珈琲と紅茶を試飲してるんですが、
これがなんと、とても美味しいんですよ!
珈琲は苦みがあって酸味はあまりなくすっきりしています。
私はブラックで飲んでいます。
紅茶はチャイといってミルクで煮出すお茶にします。
これにはお砂糖を入れて甘くするのが普通です。

美味しくいれられるように練習しますね!
たい焼きにも合いそう♥


IMG_3477.jpg
IMG_3478.jpg
IMG_3479.jpg
IMG_3484.jpg
IMG_3485.jpg
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 今日のつぶやき
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

画像を見ていたら、

なぜかワクワクしてしまった。
自分で使えるものはないのに。
でも、ワクワクが止まらない。
ついに、ふするん病に感染してしまったか。
治療法を教えてほしい。

たしかに・・・

意外なほど美味しかった。ネパール珈琲。おススメかも。

わのわカフェの内装工事打ち合わせに同席した。

工務店の若い社長の、まっすぐで誠実な目が嬉しかった。

どんどんよくなる設計図。乞うご期待~!

No title

なますてさんは?

Re: 画像を見ていたら、

ふふふ ようこそ!ふするんワールドへ!!!!!
さあ、たい焼きも焼いて、もっとワクワクしましょう~~~~!


> なぜかワクワクしてしまった。
> 自分で使えるものはないのに。
> でも、ワクワクが止まらない。
> ついに、ふするん病に感染してしまったか。
> 治療法を教えてほしい。

Re: No title

工場に注文して、ついにできあがったそうです!
今月23日にはこちらに届く予定。
そちらへは24か25日までには届くようにしたいです。
さあ、どんななますてさんたちがやってくるかな?わくわく

> なますてさんは?

〈母娘関係の考察〉へ向けて(2)

確か、ネパ-ルのりゅうじくんは、ふするんさんの息子さんとそんなにトシが違わなかったですよね。ふするんさんも、愈々、ソッチの方向へ舵を切り始めましたか、ハ、ハ、ハ。


〈第一章 母と娘は戦っている〉からの抜粋

「多くの子供にとって、母親は勿論最初の他者です。しかし子供は、とりわけ娘達は、この他者を鏡として自我を発達させることになります。だとすれば、母親がしばしば自分と区別がつかなくなったとしても不思議ではありません。自己否定が母親否定につながりやすいのは、このためもあるでしょう。しかし、母娘関係の難しさは、それが単純な鏡像関係というだけでは尽くされないところにもあるようなのです。…

母娘問題は、母親や女性への抑圧が低下したからこそ、出現した問題のように思われるからです。…

むしろ抑圧が低下した社会においてこそ、多くの女性は進んで母親であろうとするのかもしれません。なぜなら、女性が女性をやめないかぎり、すべての女性が母親を断念することなどということは、およそあり得ないことだからです。確かに非婚化の傾向はどんどん広がっています。しかし『結婚はしたくないが子供は欲しい』という声も、しばしば耳にします。…

女性や母親への抑圧が低下するということは、母親であることが社会的な不利益につながりにくくなるということです。…

母娘関係の困難さは、母と娘のそれぞれが、抑圧構造の低下とともに、内省的な自我に目覚めたところにも起因するように思われます。母や娘の社会的の役割や規範がきっちり定められた社会では、こうした自我同士のぶつかりあいそのものが抑圧されてきました。」

「…は、そんな母親との関係を冷静に分析します。『本物の献身、気遣い、苛立ち、友情、愛情、自立の欲求、甘えたい欲求、そんなものが複雑に絡み合った関係。(中略)強情。意地っ張り。好戦的。怒りたくなくてもつい怒ってしまう。ただ逆らうのが楽しくて逆らう』…

時には愛することそのものが、戦いの様相を呈することもあります。愛と思いやりの戦いは、きわめて困難な戦いです。それは、死と別離によってしか終わらせることができません。それゆえ母娘の戦いは、いつ果てるとも続いていくのです。」


「…ほとんどの問題は、成人してからも密着ないしそれに準ずる距離感が保たれている場合に生じているように思われます。
近い距離のもたらす問題とは何でしょうか。そのパタ-ンは、なかなか多種多様のように思われます。…関係のあらわれはいかに多彩でも、…

すべてのパタ-ンに共通することは、母親による娘の支配、これに尽きます。

…たとえ母親の側が、露骨なコントロ-ルの意図を見せなかったとしても、娘の側は敏感にそれを読み取り、苛立ちを感じながらもそれに従ってしまう。

…母娘関係の多様性は、こうしたコントロ-ルのやり方や、その意図が露骨かどうかといった点における違いにほぼ集約されるといっていいでしょう。
…最初にコントロ-ルへの欲望を持つものはつねに母親であり、その欲望ゆえにさまざまな問題が起こる…」

「とりわけ母親との関係の間で、次第にひとつの行動パタ-ンができあがってしまうことがあります。すると、子供はしばしば、進んで自分の気持ちを抑え、両親の期待と満足のためだけに行動するようになってしまうのです。

…母親によるコントロ-ルという点もさることながら、時に娘の側も、葛藤を感じつつもコントロ-ルされる側に甘んずる…」

「…感情面での共感や同一化は、同性同士の方がずっと深いレベルで起こりやすい、ということでです。ここには身体性の問題が深く絡んでくる…

同性同士といっても、父と息子の組み合わせは、ずっと単純なものになります。父と息子は、一般的には、単純な対立関係や権力闘争になりやすいからです。父は息子を押さえ込もうとし、息子はそれに反発するか、しぶしぶ従うかのいずれかですね。

ところが母と娘の権力関係は、共感と思いやりによる支配、といった、はるかに複雑な様相を呈しています。母は娘に対して『あなたのためを思って』という大義名分を掲げながら、実際には自分の願望と理想を押し付けようとします。娘は母親の欲望を先取りするかのように、表面上は反発しつつも、そうした支配に逆らうことができなくなります。この構図は、自覚される場合もされない場合もあるようです。このように、深い理解と共感によって互いを拘束しあう関係は、やはり母娘関係にある程度限られてくるかもしれません。」

「母親と息子の関係には、異性であるがゆえの親密さがあると同時に、異性であるがゆえの距離感が最後まで残るのではないでしょうか。しかし母と娘はひとたび密着が進行すると果てしなく一体化していく傾向があるように思います。はた目には異常なほどの密着関係、依存関係がありながら、当事者は全くそれを自覚していないというこもしばしばあります。」(中断)

Re: 〈母娘関係の考察〉へ向けて(2)

いつもありがとうございます。
沢山のテキスト打ち込み、大変おつかれさまでした、、、、、

ここでTENGUさんに言いたいことがあります。

TENGUさんのこれまでの発言で傷ついている人たちがいること。
そしておっしゃっていることは真理をついていることもあるとは思いますが、
いままさに投稿されているこの内容が複数の人を傷つけていることを分かって頂きたいです。
心をえぐられるような痛みを感じています。
ここにこの内容で投稿するのはもうやめてください。

わのわ(ブログ)では、相手の音にやさしく聞き耳をたてて、そこにそっと自分の音をかさねていく、
響き合う、そんな場を目指しています。
TENGUさんの音は、明瞭なんですが、耳にも心にも突き刺さってヒリヒリと痛いのです。
ほかの人の出す音を、耳をそばだててきいてみてください。

いろいろとご自身の表現したいことを沢山お持ちですから、
ご自身で極意塾ブログを立ち上げてそこに書かれることをおすすめします。
お弟子さんたちはきっと喜ばれる事でしょう!
ここ(http://fc2.com/)にアクセスして、「新規会員登録」をしてみてください。
自分のブログがつくれます。ケイタイからでも更新ができます。
もし分からなければケイタイを持って来て下さればお教えします。



> 確か、ネパ-ルのりゅうじくんは、ふするんさんの息子さんとそんなにトシが違わなかったですよね。ふするんさんも、愈々、ソッチの方向へ舵を切り始めましたか、ハ、ハ、ハ。
>
>
> 〈第一章 母と娘は戦っている〉からの抜粋
>
> 「多くの子供にとって、母親は勿論最初の他者です。しかし子供は、とりわけ娘達は、この他者を鏡として自我を発達させることになります。だとすれば、母親がしばしば自分と区別がつかなくなったとしても不思議ではありません。自己否定が母親否定につながりやすいのは、このためもあるでしょう。しかし、母娘関係の難しさは、それが単純な鏡像関係というだけでは尽くされないところにもあるようなのです。…
>
> 母娘問題は、母親や女性への抑圧が低下したからこそ、出現した問題のように思われるからです。…
>
> むしろ抑圧が低下した社会においてこそ、多くの女性は進んで母親であろうとするのかもしれません。なぜなら、女性が女性をやめないかぎり、すべての女性が母親を断念することなどということは、およそあり得ないことだからです。確かに非婚化の傾向はどんどん広がっています。しかし『結婚はしたくないが子供は欲しい』という声も、しばしば耳にします。…
>
> 女性や母親への抑圧が低下するということは、母親であることが社会的な不利益につながりにくくなるということです。…
>
> 母娘関係の困難さは、母と娘のそれぞれが、抑圧構造の低下とともに、内省的な自我に目覚めたところにも起因するように思われます。母や娘の社会的の役割や規範がきっちり定められた社会では、こうした自我同士のぶつかりあいそのものが抑圧されてきました。」
>
> 「…は、そんな母親との関係を冷静に分析します。『本物の献身、気遣い、苛立ち、友情、愛情、自立の欲求、甘えたい欲求、そんなものが複雑に絡み合った関係。(中略)強情。意地っ張り。好戦的。怒りたくなくてもつい怒ってしまう。ただ逆らうのが楽しくて逆らう』…
>
> 時には愛することそのものが、戦いの様相を呈することもあります。愛と思いやりの戦いは、きわめて困難な戦いです。それは、死と別離によってしか終わらせることができません。それゆえ母娘の戦いは、いつ果てるとも続いていくのです。」
>
>
> 「…ほとんどの問題は、成人してからも密着ないしそれに準ずる距離感が保たれている場合に生じているように思われます。
> 近い距離のもたらす問題とは何でしょうか。そのパタ-ンは、なかなか多種多様のように思われます。…関係のあらわれはいかに多彩でも、…
>
> すべてのパタ-ンに共通することは、母親による娘の支配、これに尽きます。
>
> …たとえ母親の側が、露骨なコントロ-ルの意図を見せなかったとしても、娘の側は敏感にそれを読み取り、苛立ちを感じながらもそれに従ってしまう。
>
> …母娘関係の多様性は、こうしたコントロ-ルのやり方や、その意図が露骨かどうかといった点における違いにほぼ集約されるといっていいでしょう。
> …最初にコントロ-ルへの欲望を持つものはつねに母親であり、その欲望ゆえにさまざまな問題が起こる…」
>
> 「とりわけ母親との関係の間で、次第にひとつの行動パタ-ンができあがってしまうことがあります。すると、子供はしばしば、進んで自分の気持ちを抑え、両親の期待と満足のためだけに行動するようになってしまうのです。
>
> …母親によるコントロ-ルという点もさることながら、時に娘の側も、葛藤を感じつつもコントロ-ルされる側に甘んずる…」
>
> 「…感情面での共感や同一化は、同性同士の方がずっと深いレベルで起こりやすい、ということでです。ここには身体性の問題が深く絡んでくる…
>
> 同性同士といっても、父と息子の組み合わせは、ずっと単純なものになります。父と息子は、一般的には、単純な対立関係や権力闘争になりやすいからです。父は息子を押さえ込もうとし、息子はそれに反発するか、しぶしぶ従うかのいずれかですね。
>
> ところが母と娘の権力関係は、共感と思いやりによる支配、といった、はるかに複雑な様相を呈しています。母は娘に対して『あなたのためを思って』という大義名分を掲げながら、実際には自分の願望と理想を押し付けようとします。娘は母親の欲望を先取りするかのように、表面上は反発しつつも、そうした支配に逆らうことができなくなります。この構図は、自覚される場合もされない場合もあるようです。このように、深い理解と共感によって互いを拘束しあう関係は、やはり母娘関係にある程度限られてくるかもしれません。」
>
> 「母親と息子の関係には、異性であるがゆえの親密さがあると同時に、異性であるがゆえの距離感が最後まで残るのではないでしょうか。しかし母と娘はひとたび密着が進行すると果てしなく一体化していく傾向があるように思います。はた目には異常なほどの密着関係、依存関係がありながら、当事者は全くそれを自覚していないというこもしばしばあります。」(中断)

和して同せず


投稿は中止します。

Re: 和して同せず

ありがとうございます。

和して同せず
『協調することは大切だが道理に合わないと思うことには同調してはならない ということ。』

私も、ここの管理人として、道理(人として行うべき正しい道)に合わないと思うことは受け入れられません。
言わせてもらいますので、よろしくおねがいします。


> 投稿は中止します。
プロフィール

管理人ふするん

Author:管理人ふするん
スタジオ「わのわ」管理人、わのわカフェ店長のふするんです。身体表現活動家でもあります。よろしくね♪ 

最新記事
最新コメント
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 30 31 -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR