FC2ブログ

作曲家、大中恩さんと



関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

超絶仙人と天女様

素晴らしいコンサートの後、ホテルニューオータニで大中恩先生米寿祝賀パーティー兼打ち上げ宴会。
行ってみたら来賓席、しかも先生の隣!
あまりにもおこがましいので、後で席に着かれた先生にその旨申し上げたら、「そこ、嫌だったら、僕の膝の上でもいいんだよ。」
「先生、つぶれますよ~。」「あ、そうだね。」(ニコニコ二人)
結婚8年近くなる清子奥さま(ソプラノ歌手北原聖子さん)は、一段と
お美しくなられるも控えめで誠実そのもののお人柄は変わらず。
加奈子曰く「天女みたい・・・。」
まさに、超絶仙人と天女が雲の上からふわりと舞い降りられたよう。
メグめぐコールやコールグレースの皆さん、ピアニスト宮下さん、
山田さん、女屋さん、詩人の北島万紀子さん、山岸千代栄さん・・・
皆さん親しくお声をかけてくださり感激しました。
いきなり乾杯の音頭をとのご指名でビックリ!
パーティーの最後は「はじまりの海へ」そして「わたりどり」でした。
2年後の卒寿記念コンサートに向けてGO!とのことでした。
よい恩師をいただくことができて幸せです。
明日も明るくがんばれそう!

No title

寺子屋のおばちゃんにとって雲の上のお方であった恩師が、今では和子先生が大中先生ご夫妻にとって大きな存在となられている気がします。
和子先生には人生多くの出会いがお有りだったでしょうが、大中先生との出会いはきっと最高の宝物でしょうね。
私たちも、おこぼれを頂き『さっちゃん』や『犬のおまわりさん』の作曲家と袖すりあえる距離でお会いさせていただくことができ、乗鞍で歌った『わたりどり』は私にも大事な思い出です。

50余年前の高校時代のガリ版刷りの茶色くなった『わたりどり』の楽譜をあらためて大事にとっています。当時は大中先生をそんなに偉大なお方と知りませんでしたし多分まだ『さっちゃん』は無かったのでは。

先生、大中先生の米寿に、ご来賓出席おめでとうございました。

おたまじゃくしさんのわたりどり

茶色くなったガリ版刷りのわたりどり・・・。
大中先生にお見せしたらきっと感激されることでしょう。
合唱曲もどんどん難しく現代音楽的になってきていますが、
私はあの「わたりどり」の音が好きです。
おたまじゃくしさんが高校生の頃、さぞ清楚で美しく明るく、
その柔らかく透明な美声で歌っておられたのでしょうね。
「あの影はわたりどり あの輝きは雪
遠ければ遠いほど空は青うて 高ければ高いほど波だつ山よ
ああ乗鞍 あの影は わたりどり」
今も歌うたびに涙がこみ上げます。
やさしいコメントを、おたまじゃくしさん、ありがとう!

雲の切れ目から光を受けて

88歳。米寿のお祝いのコンサート。
大中恩先生を囲んで華、華 、花
若々しい万年青年の大中恩先生(超絶仙人)
聖子様も相変わらず優しくお美しい・・・(天女様)
少女のように心ときめかせて大中恩先生のもとへ
飛んでゆかれた和子先生と加奈子様は目映い
ばかりの華。

(・・年齢なんて・・・何だろう・・・
地球に存在する時のただの記号かなあ)

おたまじゃくし様がおっしゃっておられた「宝物」の、
おこぼれを遠くから私も両手のひらに受けて頂戴
することが出来ました・・・仰ぎ見ながらここにいる限り
・・・
プロフィール

管理人ふするん

Author:管理人ふするん
スタジオ「わのわ」管理人、わのわカフェ店長のふするんです。身体表現活動家でもあります。よろしくね♪ 

最新記事
最新コメント
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 30 31 -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR